シェアする

ダイハツ 新型 アトレーワゴンが2017年11月発売!マイナーチェンジでスマートアシストⅢ搭載?燃費はどうか?

シェアする

スポンサーリンク

<写真は現行車>

ダイハツは2017年11月13日にアトレーワゴンにマイナーチェンジを施し、新発売することを発表しました。また、同日に新型ハイゼットのマイナーチェンジも行い、販売を開始することも発表になりました。

今回のマイナーチェンジで、新型タント、タント/カスタム、新型ミライース、に搭載された先進安全装備である、衝突回避システムである「スマートアシストⅢ」が搭載になることが大きな目玉になりそうです

フランス語で“魅力”を表す、「ATTRAI」を語源とした造語である“アトレ”を車名としたこのクルマのマイナーチェンジ情報に関して、今日はお届します

スポンサーリンク

目玉となる先端安全装備スマートアシストとは?

安全装備技術に関して最高水準ともいえる、JNCPN予防安全評価最高ランク獲得しているのが、現行のスマートアシストⅢ…。

さらに改良を加え、もっと上を目指した安全装備となった、スマートアシストⅢはどのように進化したのでしょうか?

以下、公表となったスマートアシストⅢの概要です。

衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両、対歩行者)

①衝突警報(対車両、対歩行者)

走行中に前方の車両や歩行者をカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

②一次ブレーキ(対車両、対歩行者)

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキ(一次ブレーキ)をかけ、運転者に衝突回避を促します。

③被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者)

一次ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。

④緊急ブレーキ(対車両、対歩行者)

衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。

車線逸脱警報機能

走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促します。

先行車発進お知らせ機能

停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせします。

 ・AT誤発進抑制制御機能

①前方誤発進抑制制御機能

ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

②後方誤発進抑制制御機能

リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

ハイビームアシスト

ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。

<出典:ダイハツホームページ

高齢者ドライバーの増加、ドライバーキャリアの短い運転初心者や、経験の浅い女性を考慮し、各社こうして安全装備の充実に努めるのは時代の趨勢ですが、ダイハツの安全装備開発は高い評価を得ていて、評価判断を行う、JMCPN の予防安全性能アセスメントで既に「ASV++」を獲得しています。

新型 アトレーワゴンのスペックとは?

以下も、ダイハツから公式発表された内容です

エクステリアの変更

LEDヘッドライト,フロントグリル、フロントバンパー、リアバンパー、リアコンビランプの変更などを行う。

環境への配慮

新エコアイドル(アイドリングストップ機能)を搭載。

ボディサイズ

全長:3,395mm

全幅:1,475mm

全高:1,875mm

ホイールベース:2,450mm

パワートレイン

660cc 直列3気筒 DOHC ターボエンジン

最高出力:47Kw[64ps]/5,700rpm

最大トルク:91Nm[9.3kgm]/2,800rpm

JC08モード燃費:15.2km/L

エンジンに変更はなし、しかし新エコアイドル(アイドリングストップ機能)搭載により燃費向上を果たしJC08モード燃費14.8km/L→15.2km/Lとなる。

モデルチェンジ後の新型アトレーワゴンはどんなクルマ?

初代アトレーワゴンは、ワゴン車の最大の課題である荷室確保のために、キャブオーバー仕様でデビューしたのですが、各社に先行して早い段階で(1999年)、4代目以降セミボンネット型に変更しました。

その理由は、衝突安全性の確保であり、荷室の確保よりも安全性確保を重視したことに評価を高めましたが、“軽”、“ワゴン”、“商用中心”というこのクルマの特質から、事故に遭遇する確率や、事故に遭遇した際の安全面への配慮を、ダイハツはかなり意識したものと思われます

今回、インテリア、エクステリアに関して、詳細の資料を入手することはできませんでしたが、とにかく、アトレーワゴンは安全装備の充実を最大の売りとし、それに特化したマイナーチェンジを施すことに注力し、エクステリアやインテリアの変更に重きを置いていないことが想像されます。アトレーワゴンは、「軽」、「ワゴン」、「商用メイン」という最大の特徴を活かし、日本の小さな、狭い道でも、荷物の積み下ろしがスムースに進むことが考慮され、決してボディサイズも大きくなく、取り回しも用意で、運転しやすく、運び安く、小回りが効く!という印象が強いのですが、その伝統、コンセプトを継承し、“無駄な装備”や“無駄な開発”を行わなかったと思われます。

ただ、パワートレインの若干の改良を加え、新エコアイドル(アイドリングストップ機能)搭載により燃費向上を果たしJC08モード燃費が14.8km/L→15.2km/Lとなったことは多少評価したいところではあります

各社ハイブリッドやPHVの導入に力を入れるなか、なかなかそこの開発が進まないことに若干の不満を憶えますが、ワゴン車に関しては、ヘビーユースで、耐久性が求められる中で、未だ、ハイブリッドやPHVがその耐久性という課題を解決するに至ってないという裏事情を示しています。

今後、商用をメインのワゴンがハイブリッドやPHVという分野での耐久性向上は最大の課題。

ダイハツには果敢に取り組んでほしいとそう思います。

ダイハツ 新型 アトレーワゴンのまとめ

とにかく安全装備の充実に特化したモデルチェンジとなったことが浮き彫りとなり、エクステリア、インテリア、パワートレインには然程変更がないことが予測されるのですが、様々な装備やスペックを改良するのではなく、絞ったカタチになったことを、筆者はある程度評価したいと思います。

様々な装備やスペックを過度に改良することで、大切なコンセプトが失われるよりも、このクルマに対するニーズを理解し、特徴を活かすことが大切

ただ、やはり“燃費効率の向上と耐久性”をどう連動させ、どうこの課題をクリアしてゆくのか?

ここに関してはダイハツが先頭を切って進めて欲しいと筆者は期待しています。

先日このコラムでも紹介しましたが、ライバル、スズキはN-Vanという新しいカテゴリーを立ち上げブランド戦略的な一新を図っています。

「軽」、「ワゴン」、「商用メイン」は多少地味な立ち位置ではありますが、潜在的なニーズはかなりあります。さしたるスペックにおける進化はないにしても、このモデルチェンジをどのようなマーケティング戦略やPR戦略、ブランド戦略で差別化を図ってゆくか?

せっかくの潜在的なニーズを掘り起こせないままこのまま販売続けると、ライバルに大きく水をあけられることが懸念されます。

そういう意味において、ダイハツが今後取り組むべき課題はクルマそのものの進化に加えた、こうした、周辺戦略の充実も必要ではないか?と筆者は考えます。

トップへ戻る