シェアする

ホンダ 新型 N-VANが2018年4月発売予定?バモス・アクティの後継か?スペックやエンジンはどうか?

シェアする

スポンサーリンク

これまで発売から、19年間、フルモデルチェンジすることなく、販売されてきたのが、ホンダの軽ミニバンバモス。

更に商用軽ミニバンとして長い間活躍してきたのが、ホンダアクティ。こちらもバモス同様、19年間フルモデルチェンジなくここまで販売されてきました。

この二車種がデザイン、コンセプトも新たなに、ホンダN-VANラインアップに加わった上でモデルチェンジし、2018年4月に発売されるのではないか?という情報が編集部にもたらされました。

その情報をもとに関係先取材を行い、果たしてどのようなモデルチェンジとなるのか?について現段階で分かり得た情報についてレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

今後のHONDAの軽ラインアップは「Nシリーズ」に集約か?

今、ホンダの軽は、「N」シリーズに集約されつつあります。

軽ミニバンワンボックスはN-BOX、軽ミニワゴンはN-WGN、軽ミ二ハッチバックはN-ONEという風に…。

軽ミニバンに新たなにN-VANというカテゴリーが登場し、そこにバモスとアクティが加えられるのではないか?というのが大方の予想です。

モデルチェンジ後はバモスという名もアクティという名も消え、N-VANにラインアップされると仮定し、 N-VANα(仮)がバモス後継車種、N-Vanβ(仮)がアクティ後継車種として販売されるのではないか?と想定し、コラムを進めてゆきたいと思います。

N-VanαN-Vanβはどんなクルマへと進化するのか?

<写真はN-Box>

予想されるのに、両車種ともに開発費の節約と省力化から、N-Boxのプラットフォームを活用し、N-Boxのバンタイプとして登場するのではないかとされています。

例えば、今までエンジンは車両の中心部に搭載されていた、ミッドシップレイアウトだったわけですが、このフルモデルチェンジによって、FFレイアウトに変更になる見込みとされています。

これまで確保されていたキャビネットルームの広さはどうなるのか?というのが最も心配とされるところではないか?と思われますが、前席下部にエンジンルームを確保し、当然、多少、ボンネット部も前に突き出すことで、キャビネットルームの広さを確保することが予想されます。

更に、情報によると燃費効率が格段に向上するのではないか?というのが関係者の見方です。

というのも、N-Boxと同様のエンジンを活用すると仮定すれば、現行の、15~16km/Lから、自然吸気型エンジンで、2WDは25.6km/L、4WDで23.6km/L

ターボエンジン型で、2WDは23.8km/L、4WDは21.4km/L程度になるのではないかと予測されます。

ホンダのNシリーズ戦略の狙いとは?

<写真は三菱のアクティブギアシリーズの広告>

例えば、特定のカテゴリーにシリーズブランドを名付けてカテゴライズして売り出すという手法は、他メーカーも採用し、動きがみられます。

例えば、三菱自動車のオフロードタイプ対応のクルマはアクティブギアシリーズとカテゴライズされ、カラーや装備に統一感をもたせ販売が始まりました。L型ミニバンデリカD:5と、クロスオーバーSUVのアウトランダーがこのシリーズに加わり、他車からもアクティブギアシリーズに集約されるクルマが出て来ることが予測されます。

三菱の場合、アウトドアユースという用途でカテゴライズを行ったわけですが、ホンダにとって決して主流とは言えない軽カテゴリーで、こうしてブランドの統一化を図ることは以下のような狙いがあるのでは?と予測されます。

プラットフォームや各種部品、装備の共有化を図り、開発コストを削減する

軽ミニシリーズを「N」シリーズで統一化することで、軽ブランドの強化を図り、他社との明確な差別化を図る

ホンダにとって軽カテゴリーというのは決して本流とは言えませんが、販売実績がコンスタントに上がる分野ではあるので、省力化、効率化して収益を高めたいという狙いがあるように筆者は感じます。

さほど知名度の高くない、バモスやアクティにテコ入れを行い大幅にモデルチェンジして再販する際に、Nシリーズのラインナップに加えることで、ブランドイメージの向上と、認知率の向上が促されることになると予測されます。

ホンダにとっては、ホンダの軽シリーズは「Nシリーズ」というイメージの定着を図り、潜在的な需要のあるこのカテゴリーを更に育成してゆきたいという狙いをかいま見ることが出来ます

フルモデルチェンジ以降のスペックは未定

筆者が勝手に命名したN-Vanα、N-Vanβのスペックの詳細はまだまだ未定ですが、新型N-BOXデビューとの兼ね合いから、デビューの時期は2018年以降ではないかと目論まれています。

ただ、詳細のスペックや装備は未定で、N-BOXのモデルチェンジ後に、発表されるのではないか?との予想です。

ホンダ 新型 N-VANのまとめ

まだまだすべてが未知数で、どのようなモデルチェンジになるのか?が明確ではないなか、今入手した情報の中でコラムを進めてきましたが、バモス、アクティの最大の特徴はキャビネットルームの広さ!

FFに駆動システムが変更になることで、荷物収納量が確保できないとなると、これまでこのクルマを購入してきた層の期待を大きく裏切ることになります。

従って、やはり、駆動システムが変化しようと、Nシリーズというブランドに統一されようと、その特徴だけは継承して欲しいところ!

特に商用ミニバンアクティを利用してきたオーナーの皆さんにとって、コストパフォーマンスが高く、余計な装備もなく、シンプルで扱いやすいクルマが、急にNシリーズとなり、オーバースペックとなることは歓迎されないかも知れません。

潜在的なニーズが何処にあるのかを見極めた上でのフルモデルチェンジ!そこを目指してほしいと筆者は願います。

トップへ戻る