シェアする

ホンダ新型シビックが2017年9月発売!フルモデルチェンジで価格や燃費・スペックは?【画像あり】

シェアする

スポンサーリンク

シビック (Civic) は、本田技研工業が生産及び販売している乗用車であり、新型シビックに関しては、日本での発売は9月29日からとなることが決定しました!

タイプ体系は、「ハッチバック」、「セダン」、「タイプR」で、各ボディタイプ1種のみ(モノグレード)となり、トランスミッションは「ハッチバック」はCVTと6速MTの2種類を設定、「セダン」はCVTのみの設定、「タイプR」は6速MTのみの設定となることが決定!

今回の新発売に関して、関係先に取材を行いましたので、取材にもとづいた内容を紹介してゆきたいと思います。

スポンサーリンク

HONDAの新型シビックに対する思い

新しい問いかけ。新しい発見。新しい生き方。それを探すために、今よりも見晴らしの良い場所へ自分の想いで自由に動く。そして、答えを出し、道をつくり、自分を、世界を変えていく。そうした人々と同じ精神をもって走り続けてきたクルマ。自由な移動の喜びに挑んできた、Hondaの生き様を象徴し続けてきたクルマ。NEW シビック、誕生。

<出典:http://www.honda.co.jp/CIVIC/>

今回は、タイプ体系は、「ハッチバック」、「セダン」、「タイプR」で、各ボディタイプ1種のみ(モノグレード)となりましたので、それぞれの新型タイプ進化、改良点、特徴などをピックアップしてゆきたいと思います。

新型シビック ハッチバックの魅力とは?

「革新のスポーティーシェイプに、エキサイティングなパフォーマンス。」をコンセプトとする新型シビック ハッチバック。

コンセプト動画はこちらから↓↓

http://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/

躍動感あふれる先進ハッチバックデザイン

ロー&ワイドを基調とした機能的・革新的なシルエット。ロー&ワイドでホイールベースをしっかり確保した基本姿勢。空力性能を考慮し、大開口も実現する、なだらかなテールゲート。これらをTYPE Rとともに追求したシルエットとされています!テールゲートスポイラーは、ルーフエンドのスポイラーとあわせ、空力効果を発揮。タイヤにはダイナミック性能を高める18インチを装備。

また、センターデュアルエキゾーストも装備するなど、走りに寄与する機能性とアグレッシブな表現を細部まで突き詰めているといえるのではないでしょうか?

感性に響きわたる【走る愉しさ・操る喜び=走行性能】

ハッチバック驚愕のパワートレイン!

<1.5L 直噴VTEC TURBOエンジン>

2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ高トルクで圧倒的な加速感!

走りと環境性能の高次元での両立を追求し、ターボでパワーを補う分、排気量を小さくしたダウンサイジングターボエンジン。燃焼効率の高い直噴システムに加え、高効率な過給を実現する吸排気デュアルVTCや電動ウェイストゲート付ターボチャージャーを採用。さらに、ハイオクガソリン仕様とした上、排気流量を高めるセンターエキゾーストシステムの採用や、6MT車ではターボ過給圧を高めるなど専用チューニングを施し、全域で2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ(HONDA社比)高トルクと、高回転まで伸びやかなパワーフィールを獲得しました。

力強い加速のCVT・操る愉しさが堪能できる6MT

CVTは、アクセル操作に対してリニアな加速Gを生むHonda独自の変速制御「G-Design Shift」によって、ターボラグを感じさせないパワフルな加速フィールを実現し、優れた静粛性も実現。マニュアル感覚のシフトチェンジが愉しめるパドルシフトも備えています。

また、高出力・高トルクエンジンのポテンシャルを活かし切る6速変速としたマニュアルトランスミッションも設定。シンクロナイザー機構の形状のチューニングにより、スムーズで気持ちの良いシフトフィールを追求されているもようです!

<CVT & 6MT>

ハッチバックのプラットフォームは?

世界基準を目指したプラットフォームの要、新開発骨格。

Cセグメントトップレベルの運動性能、走りを予感させるプロポーション、快適な空間や安全性。すべてを高次元で実現するために新開発した骨格。TYPE Rにまで対応できる剛性を求め、CAE解析を駆使し、ハイテン材の効果的な配置や結合構造の最適化などを徹底し、高剛性化と軽量化、低重心化・低慣性化を追求。

デザイン部門とも協調することで、先進・洗練のフォルムと優れた空力性能も両立。高い剛性は振動を効果的に抑制し、重い制振材を必要とせずに優れた静粛性も実現しました。

<ハッチバック プラットフォーム>

新型シビック セダンの魅力とは?

流麗・先進のデザイン。上質な乗り味とダイナミックな操る喜び。

コンセプト動画はこちらから↓↓

http://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/

ダイナミックな走りを映し、上質感も融合。

ロー&ワイドでホイールベースをしっかり確保した基本姿勢。空力性能に有利に働く流麗なルーフライン。そこからつながるトランクリッド後端のスポイラー形状も、空力性能を向上させるとともに、スポーティーセダンらしさを強調します。硬質で彫刻的なサイドパネルは、グランドツーリングを優雅に疾走するような印象を感じさせ、同時に上質感・先進感を生み出しています。

ダイナミックな走りと上質を感じるインテリア

走りを感じさせる空間デザイン。

しっかりと縦に伸びるセンターコンソール。横構造のインストルメントパネルは薄くし、なおかつメーターまわりを目立たせ、ワイド感とスポーティーさを強調。これら空間の基本を成す2つの骨格の縦横比により、乗った瞬間からダイナミックな走りを感じる、伸びやかで力強い造形を実現しました。

走りとの一体感を高める先進の表示。

視認性、認識性にこだわり、7インチの大型カラー液晶メーターを採用。精緻なアナログのタコメーターを描画し、速度は読み取りやすいよう数字で大きく表示。さらに、平均燃費や推定航続可能距離、ターボ過給圧などを表示できるマルチインフォメーション・ディスプレイを装備。多彩な情報を、運転に集中しながらステアリングのスイッチ操作で切り替え表示できます。

力強い加速と静粛性。パドルシフトも採用。=走行性能

アクセル操作に対してリニアな加速Gを生むHonda独自の変速制御「G-Design Shift」によって、ターボラグを感じさせないパワフルな加速フィールを実現し、優れた静粛性も実現。マニュアル感覚のシフトチェンジが愉しめるパドルシフトも備えています。

消音機能を持つアルミホイールなどで高い静粛性を実現

リムの周囲に中空構造のレゾネーター(消音装置)を持ち、道路の継ぎ目や粗い路面を走行する際などにタイヤの内部で発生する不快な共鳴音を抑制。高剛性の骨格などとあわせ、高い静粛性を実現します。

16インチ ノイズリデューシングアルミホイール

新型シビック TYPE Rの魅力とは?

Honda渾身のリアルスポーツカー。風を制して、道を制する。空気抵抗を抑え、マイナスリフトを追求したエアロフォルム。

見る者に鮮烈な印象を与えるエクステリアは、先進のエアロダイナミクスに裏打ちされているのではないでしょうか?超高速域まで強力なダウンフォースを得るために、CFD(流体解析)や風洞実験を繰り返し、さらにニュルブルクリンクやアウトバーンなどの実地走行を幾度となく行いながらエアロパーツを吟味・検証。

優れたCD(空気抵抗)値を実現しながらCL(揚力)のマイナスリフト化を達成したことで、まさにこのクルマの存在理由を示しています。

操る悦びにシンクロする=走行性能

全域高性能TYPE R専用2.0L VTEC TURBOエンジン

最高出力235kW[320PS]最大トルク400N・m[40.8kgf・m]を達成

ドライバーを駆り立てるTYPE R最高の動力性能を目指して搭載したのは、高出力・高レスポンス2.0L VTEC TURBOエンジン。アクセルを踏んだ瞬間、シートに背中を押しつけられるような加速Gが立ち上がり、低回転からピークまで胸のすく吹け上がりが続きます。低慣性モノスクロール・ターボチャージャーに加えて、多段噴射インジェクターによる直噴システム、フレキシブルな過給圧制御が可能な電動ウェイストゲートを採用し、過給レスポンスを高めるとともに燃費性能も追求しているもよう!

出力&レスポンスをともに高めるVTC&VTECテクノロジー

出力とレスポンスを押し上げるため、排気側にVTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)を、吸排気双方にVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)を採用。バルブオーバーラップ量を広範囲かつ緻密に制御することで、低回転域での高トルク・ハイレスポンス、全開領域での高出力化を達成しています!

圧倒的な加速性能を引き出す6速マニュアルトランスミッション

エンジンのポテンシャルを余すことなく活かし切るために、6速マニュアルトランスミッションは1~6速で専用クロスレシオを設定。ファイナルギア比をローレシオ化し、全域で圧倒的な加速性能を引き出しています!また、軽量シングルマス・フライホイールの採用により、抜群のアクセルレスポンスを獲得。シフトストロークは40mmとし、シフトチェンジが小気味よく決まる滑らかな操作感を実現しているのです!

新型シビック進化の概要

「ハッチバック」と「セダン」の日本向け仕様においては、専用チューニングを施した1.5L VTEC TURBOエンジンのみの設定となりますが、ボディタイプによって搭載されるエンジンが異なっており、「ハッチバック」は排気流量を増加させるためにセンターエキゾーストシステムを採用!プレミアムガソリン仕様とすることで高出力・高トルクに設定したL15C型を、「セダン」はレギュラーガソリン仕様のL15B型がそれぞれ搭載されています。なお、「ハッチバック」・「セダン」共に「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を取得し、「平成27年度燃費基準+10%」を達成することとなりました。

「ハッチバック」は、カーゴエリアカバーを左右どちらからでも巻き取りや引き出しが可能な世界初となる横開き式を採用。

安全面においては、安全運転支援システム「Honda SENSING」を「ハッチバック」と「セダン」に標準装備。シビックに装備される「Honda SENSING」は、5代目レジェンド、後期型グレイスに次いで3車種目となるオートハイビーム付ですが、他の「Honda SENSING」搭載車では装備されている誤発進抑制機能と先行車発進お知らせ機能が非装備となります。(「ハッチバック」のCVT車と「セダン」はレス設定も可能で、「Honda SENSING」の一つとして装備されている渋滞追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)がクルーズコントロールに置き換わる)。

ボディカラーは「ハッチバック」、「セダン」各5色ずつ設定されており、このうちの3色は「ハッチバック」・「セダン」どちらでも設定可能な共通カラー、残りの2色(赤系・青系)はボディタイプによって異なり、「ハッチバック」は「フレームレッド」と「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」が、「セダン」には「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(オプションカラー)」と「コスミックブルー・メタリック」がそれぞれ設定されました。

ホンダ新型シビックそれぞれの価格や燃費は?

HATCHBACK〈CVT〉

全国メーカー希望小売価格(消費税込み):2,800,440円

JC08モード燃費:18.0km/L

SEDAN

全国メーカー希望小売価格(消費税込み):2,650,320円

JC08モード燃費:19.4km/L

TYPE R

全国メーカー希望小売価格(消費税込み)4,500,360円

JC08モード燃費:12.8km/L

ホンダ新型シビックのまとめ

新型シビックの概要は既に発表になり、既に発売もされていて、今回の関係先取材においても、かなり深い内容に関して明確に案内していただきました。

同じシビックといっても、やはりハッチバック、セダン、TYPERではまったく違う個性を持ち、それぞれシビックブランドの血を引く独立した存在と言えるでしょう。

それぞれの個性の違いを皆さん試乗車等で感じてみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る