シェアする

レクサス新型LSが2017年10月19日発売!フルモデルチェンジでサイズや内装は?値段も発表?【画像あり】

シェアする

スポンサーリンク

レクサスLSはトヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」のフラグシップセダンとして販売されているセダン(Fセグメント)です。

<出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/レクサス・LS>

2017年6月26日、日本で5代目LSを初披露され2017年秋以降にハイブリッド仕様であるLS500hと、ガソリン仕様であるLS500がデビューする予定であるという発表がありました。

これらの情報をもとに関係先に取材し、今回のモデルチェンジの実相に迫ってみたいと思います

スポンサーリンク

新型LSのコンセプトから

The Flagship

あなたを触発する、レクサスの香り。

ふと目にした一瞬にも、オーナーとなって時間を共にする日々においても、

LSが放つ個性は、いつでもあなたを夢中にさせるに違いありません。

クリエイティブな感性に匠の技を融合した、アーティスティックなデザイン。

洗練されたフィーリングとともに味わう、鮮烈のダイナミズム。

空間のしつらえにおける、本物の豊かさ、心地よさ。

レクサスのフィロソフィーを最も濃密に体現するフラッグシップセダン。

あなたのライフスタイルは、LSを基準に変わり始めます。

<出典:http://lexus.jp/models/ls/>

新型LS500のスペック

Lexus LS 500 ベースモデルのスペック

【パワートレイン】

3.5リッター V6ツインターボエンジン:

最高出力:415HP 最大トルク442lb-ft

【サイズ】

ホイールベース:3,125 mm

全長:5,235 mm

全高:1,450 mm

全幅:1,900 mm

ホイール:19 or 20インチ

【トランスミッション】

10速オートマチック

レクサス新型LS パワートレインの概要

FCV(燃料電池)・ハイブリッド・ターボエンジンのラインアップが用意され、LSに搭載されているV8エンジンは廃止されて、V6エンジンに変更されます。

LS500H ハイブリッド

マルチステージハイブリッドシステム

V型6気筒:3.5Lエンジン+モーター

最高出力:299ps(220kW)/6,600rpm

最大トルク:348Nm/4,900rpm

トータル最高出力:358ps(264kw)

LS500 ガソリンエンジン

新開発3.5L V6ツインターボ

最高出力 :421ps/5,200-6,000rpm

最大トルク:61kgm/1,600-4,800rpm

0-60mph(約96.6km/h)加速:約4.5秒

10速オートマチック・トランスミッション

JC08燃費 10.5km/l

レクサス新型LS エクステリアの概要

LS500 ガソリンエンジン

LS500H ハイブリッド

ポイントは以下の通り!

片側三枚ずつサイド・ウィンドウを持つ「6ライト・キャビン」・ガラス内側にピラーを内蔵した「フラッシュサーフェイス・ウインドウ」を採用

今回の写真で公表されたボディカラーは金属から削り出したような印象を与える新開発カラー「マンガンラスター」です

レクサス新型LS インテリアの概要

・LC500同様の特徴的な水平基調のインストゥルメント・パネル

・広がりを感じさせてくれるインテリア。

・ドライバーは運転に集中することが出来ることをサポートする、厚みのあるコンソール・アームレスト

・シフトシンプルなデザインの電気式を採用

・中央に設置されているナビゲーションは視認性重視の12.3インチ専用ディスプレイ

・オプションでは、世界最大サイズの24インチのカラー表示HUD(ヘッドアップ・ディスプレイ)も選択することも可能

後部座席のコンセプトは、「人を包み込む連続性のある空間」

上質な寛ぎを提供するオットマン付きのパワーシート

中央センタータッチディスプレイで操作できる機能

1.ヒーター

2.マッサージ機能

3.オーディオ操作

4.座席操作

レクサス新型LS500/LS500hの安全装備

先進予防安全パッケージ「Lexus Safety System + A」が採用!

プリクラッシュセーフティシステム

(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)

進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。万が一、車両や歩行者と衝突しそうな場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、ドライバーの回避行動をサポートします。また、仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動します。例えば停止車両に対し自車の速度が約40km/hの場合は、約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援。また、例えば歩行者との速度差が約30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援します。

車線キープをサポートするレーンキーピングアシスト[LKA

高速道路や自動車専用道路を走行中に、車線から逸脱する可能性を警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援します。また、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)の作動中は、車線維持に必要なステアリング操作支援も行います。

ロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム[AHB4

夜間走行時に、周囲の明かりの状況によりハイビームで走行可能と判断した場合、ロービームをハイビームに自動的に切り替え、前方視界確保をアシスト。先行車や対向車などを検出するとハイビームからロービームへ切り替え、ドライバーの切り替え忘れを防ぐとともに手動操作の煩わしさを軽減。スイッチ操作でオフにすることもできます。

車間距離を保ちながら追従走行するレーダークルーズコントロール

(全車速追従機能付)

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、設定した車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

<出典:レクサスADVANCED SAFETY TECHNOLOGY

レクサス新型LS 燃費と価格は?

レクサスLS500の燃費:7.7~8.4km/L(JC08モード)

レクサスLS500の新車価格:8,550,000円~13,490,000円

レクサスLS500ハイブリッドの燃費:11.6km/L(JC08モード)

レクサスLS500ハイブリッドの新車価格:10,810,000円~15,950,000円

レクサス新型LSのまとめ

このモデルチェンジの目玉は新たなラインナップとして、LS500が加わり、更にハイブリッドモデルも登場したこと。

筆者が注目したいのはハイブリッドモデルであっても強力なパワートレインを装備し、従来のガソリン車とさほど差のないパワースペックにまとまったと思われる点…。ただし、ハイブリッドなら、もう少し燃費効率を上昇させてほしいところではあります。

しかし、更に洗練させれ、優美さを上昇させた、インテリア、エクステリアにはため息!

国内最高峰セダンの新たな歩みに注目です。

トップへ戻る