シェアする

レクサス新型NXが2017年9月14日発売!マイナーチェンジで評判は?価格はどうか?【画像あり】

シェアする

スポンサーリンク

NX(エヌエックス、Lexus NX )は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」から販売されている中型クロスオーバーSUVです。

日本では2014年7月29日に公式発表、同日より販売が開始されたがいきなりマイナーチェンジが発表。そのマイナーチェンジに関して、関係先への取材からその内容を取材してゆきたいと思います

スポンサーリンク

レクサスNXというクルマとは?

2013年のフランクフルトモーターショーにコンセプトカー「LF-NX」が出展され、翌2014年の北京モーターショーにて市販モデルとしてNXが発表されました。レクサスのデザイン哲学「L-Finesse」の下、レクサスのアイディンティティである「スピンドルグリル」をNXにも踏襲。レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして登場しました!

グレードはハイブリッドモデルのNX300h(2AR-FXE型エンジン搭載)、レクサス初となるターボモデルのNX200t(8AR-FTS型エンジン搭載)の2つが用意され、それぞれFFまたはAWDが選べる。バージョンは標準仕様のほか、「I Package」、「Version L」、「F SPORT」の4種が用意されました。

なお「F SPORT」は専用の内外装デザインとなりますが、LFA及びIS(3代目モデル)のF SPORTに搭載されている可動式グラスコックピット一眼メーターは装備されず二眼メーターとなる。その他、Gモニターが全車標準装備、NX200tの「F SPORT」には油温計・油圧計・ターボブースト計が標準装備されることになり日本では2014年7月29日に公式発表、同日より販売が開始されました。

レクサスNXのマイナーチェンジでどこが変わるのか?

マイナーチェンジのコンセプト

以下担当者インタビューの内容をまとめました。

“LEXUS初のコンパクトクロスオーバーSUVとして、LEXUS独自の印象的で洗練されたデザインを実現しました。ハイブリッドモデルのNX300h(2AR-FXE型エンジン搭載)新ダウンサイジングターボモデルのNX200t(8AR-FTS型エンジン搭載)の2つを用意それぞれFFまたはAWDが選べることになりました。
一部改良を2016年8月25日に行いボディカラーに「F SPORT」専用色の「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング(オプションカラー)」を追加して12色展開。内装色の「F SPORT」専用ブラックは新たに追加したボディカラーに連動した色のステッチ(「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」選択時はオレンジ、「ヒートブルーコントラストレイヤリング」選択時はブルー)を施しました。
さらに、全車において、G-Linkサービスの「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が利用できるLTE通信に対応させました。更なる進化がきっとお客様のニーズにこたえるレクサスへの進化へ繋がったものと確信しています。“

新型NX パワートレインの変更はなし?

噂されていた3.5Lエンジンの搭載や、8速ATの搭載なども無いようです。

ターボモデルの名称がNX200tからNX300に変更

2.0Lターボモデルの名称が「NX200t」から「NX300」に変更されます。

3.0L並のパワーとトルクという意味でNX300と言う名称に。ハイブリッドのNX300hはそのままなので、紛らわしくなりそうな気もします。

新型NX エクステリアは更に進化!

カラードのアルミホイールはおそらくVersion Lの裝備になるのではないかと予想さえますが、グリル周りはベースグレードやI Packageも同様である予定。

レクサスRXのノーマル顔のようなフィンが細かいグリルになり、迫力と質感が向上が期待されます。

アダプティブハイビームシステム採用!

レクサスISのマイナーチェンジでは採用されなかったアダプティブハイビームシステム(AHS)が新型レクサスNXには採用されます。

AHSは、version L、I packageに標準装備、F SPORTにはオプション扱いとのこと!

流れるウインカー「シーケンシャルターンシグナル」採用!

レクサスではRX、LXにつづいて、3車種目の導入となります。

新型NX インテリアの質感も向上!

内装に関してはオーナーからの不評がかなりメーカーに寄せられたとのこと…。その不評を改善して工夫が為されています。特に見た目が向上するのがインパネ周りです。

エアコンのダイヤル式の調整スイッチやオーディオノブなど、メッキパーツが増えて質感が良くなっています。

ナビが10.3インチワイドに大型化!

8月にマイナーチェンジを行うレクサスCTにも10.3インチワイドディスプレイが搭載されたので、レクサスの現行ラインナップはほぼすべての車種で10.3インチ以上のワイドディスプレイになりました。

レクサスセーフティシステム+(LSS+)が全車標準装備

LSSとは?

人・クルマ・交通環境の「三位一体の取り組み」とともに、実際の事故から学び、改善を繰り返す「実安全の追求」の推進から生まれた予防安全システムが「Lexus Safety System+」です。今回のマイナーチェンジで全車に標準装備。更に、LSS+以外にも安全装備がアップデート。こちらはオプションになりますが、RXに装備されていた、インテリジェントクリアソナーが装備される予定。インテリジェントクリアソナーは障害物に近づくと、警報音が響くだけでなはなく、自動的にブレーキが作動するシステムです。

レクサス新型NXの発売日と価格は?

公式発表は以下の通りです。

レクサスは新型NXのマイナーチェンジを行い2017年9月14日に発売する。

新型NX マイナーチェンジモデル グレード 価格について・・・

NX300h

ベースグレード:2WD:504万円4WD:530万円

I Package:2WD:522万円4WD:548万円

F SPORT:2WD:570万円4WD:596万円

version L:2WD:570万円4WD:596万円

NX300

ベースグレード:2WD:440万円4WD:466万円

I Package :2WD:458万円4WD:484万円

F SPORT:2WD:506万円4WD:532万円

version L:2WD:506万円4WD:532万円

※4WDはハイブリッドとターボ共に+26万円

レクサス新型NXのまとめ

LEXUS初のコンパクトクロスオーバーSUVとして登場し、即座にマイナーチェンジを迎えることとなった、新型NX。LEXUSの高級感と、コンパクトクロスオーバーSUVとしての機能性を兼ね備えたこのクルマは、SUV市場に強い衝撃を与えました。SUV以外にも、様々なタイプのLEXUSが登場する可能性もあるとは関係者の声。(勿論、現段階での開発は未知数…。)

質感、重厚感もあり、もはやトヨタのフラッグシップカーへと成長を遂げたこのLEXUSがどんな進化を果たすのか?見逃すことなどできません…。

トップへ戻る