シェアする

日産 新型 フーガ 一部変更仕様の発売日は2017年11月28日!2018年には次期フーガにモデルチェンジとの情報!スペックの変更点は?

シェアする

スポンサーリンク
無資格者による完成検査が行われていた日産ですが、各メディアから、“全6工場の国内向け生産体制に対し、組織における品質管理の仕組みが適正であることを認める「ISO規格」が10月末付で取り消されていた”というニュースが配信されました。日本のクルマメーカーのトップリーダーである日産の今回の不祥事は、日産だけに留まらず、日本の自動車メーカー全体を揺るがす、大きな問題へと発展しました。

クルマ愛好家、そして、クルマ情報をお届けする筆者としては、実に心苦しい、由々しき問題です。そんな最中、日産は、2017年11月28日にサルーンセダンの最高峰であるフーガの一部仕様変更を発表しました

今後2018年以降には大幅なモデルチェンジも予想とされるのですが、ある意味、社運を賭けた再生への道模索のための一手かと思われます。

このフーガの仕様変更及び、モデルチェンジへの期待などを今回のコラムでは綴ってゆきたいと思います

スポンサーリンク

日産 フーガ仕様変更が公式発表!

フーガ HYBRID

まずは2017年11月15日に発表されたプレスリリースの内容から

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は15日、「フーガ」を仕様向上し、11月28日より全国一斉に発売すると発表しました。

「フーガ」は、発売以降、高い走行性能、ダイナミックかつエレガントなデザイン、全方位の安全性能が、多くのお客さまから好評を得ています。

今回の仕様向上では、遮音ガラスをフロントウインドウガラス、フロントドアガラス、リヤドアガラスに採用することで、静粛性を向上させました。

日産は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めています。地球温暖化やエネルギー問題、交通事故や渋滞など、クルマが関与する社会課題の解決を目指すとともに、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていきたいと考えています。「フーガ」は、この「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化する、数々の先進技術や全方位の運転支援システムを搭載しているモデルです。

<出典:日産自動車 ニュースルーム

今回の仕様変更の大きなポイントは“遮音ガラスをフロントウインドウガラス、フロントドアガラス、リヤドアガラスに採用することでの、静粛性の向上”!

エクステリアやインテリア、パワートレインに大きな変更があったわけではないのですが、この仕様変更に至った経緯としては、「ライバル各社の同クラスにサルーンセダンと比較して、フーガは静寂性が欠けているとのオーナーからの指摘が多かったのではないか?」と取材した関係先は示しています。

日産車は「“本質的な走り”の追求」がその特徴といえ、操作性や、居住性は二の次とするクルマも多く、例えば、日産を支えてきたスカイラインにしても、そのポテンシャルは抜群で豪快な走りは実現できても、かなり運転し辛いという印象を筆者はおぼえました

フーガというサルーンクーペもやはりライバルであるレクサス各車やトヨタのクラウンと比較して、走りそのものが引け劣ることはないのですが、快適性、居住性という側面からは多少、オーナーユーザーの方から多少厳しい評価を受けていたようで、まず、この改善に一番最初に取り組んだといえるでしょう。

これからのフーガはどう進化する?

当初2017年10月にフーガはフルモデルチェンジに至ると予想されていました。

しかし、ここに至って、仕様変更に留まったことは、やはり様々な車内事情に起因すると想定されます。表面化した不祥事がこのクルマの開発を遅らせているのかも知れません

写真は2014年上海モーターショー前後に発表された、インフィニティQ80のコンセプトスケッチ…。これが2018年以降フルモデルチェンジする際のベースモデルになるのではないか?と予測されます!

では、インフィニティQ80をベースとしたクルマは、どのようなモデルチェンジ後のフーガが、どのようなクルマとして市販化されるのか

予想してゆきたいと思います。

新型 フーガのパワートレインは3タイプ

VQ35HR

種類:V型6気筒ハイブリッド

排気量:3,498cc

エンジン最高出力:306PS/6,800rpm

エンジン最大トルク:350Nm/5,000rpm

モーター型式:HM34

モーター最高出力:68PS

モーター最大トルク:290Nm

3.0Lターボエンジン諸元

種類:V型6気筒

排気量:2,998cc

最高出力:400PS/6,400rpm

最大トルク:400Nm/1,600-5,200rpm

274A諸元

種類:直列4気筒

排気量:1,991cc

最高出力:211PS/5,500rpm

最大トルク:350Nm/1,250-3,500rpm

これが予想されるパワートレインで、最大の“売り”はV35HRのV型6気筒ハイブリッド

エンジン最高出力306PS/6,800rpm、エンジン最大トルク350Nm/5,000rpmが実現されれば、ハイブリッドモデルとしてはかなりの出力とトルクで爽快な加速と力強い走りが実現できる筈!ハイブリッドは非力である常識や通念を破壊することに繋がるでしょう!

走りの日産のまさに免許皆伝、専売特許!

新型 フーガのエクステリアデザインは?

新しいフーガの“顔”は、日産の新デザインコンセプトであるVモーションを踏襲するのではなく、フロント、サイド、ブランドエンブレムにデザインランゲージが設定され、フーガオリジナルの“顔”となると予測されます。

写真はインフィニティのエンブレムになっていますが、勿論、フーガへと変更になるでしょう。

サイドのフォルムは、サルーンセダンというよりも、サルーンクーペもしくは、サルーンクロスオーバーSUVのような非常に流線的なデザインとなっていますが、市販時にこれがどのようなカタチで実現されるのかは注目です!

ヒップフォルムもかなりシャープで、翼のように配置されたテールランプが印象的です。

もし仮に、このスケッチが実現されるならば高級サルーンセダンとしては実に珍しいリア、フロントドアが観音開きになり、今までのコンセプトから大きく離れることになりますが、果たして実現されるかどうか?

新型 フーガのインテリアデザイン?

今までのフーガと比較すればかなり、ボディが低く、カラーリングも、白と黒を基調とし、かなりこれまでのイメージが一新させるもよう。

高級サルーンクーペというよりも、かなりスポーティーなセダンへと変貌を遂げそうです

予想基本ボディサイズ

全長:4,980mm

全幅:1,890mm

全高:1,450mm

ホイールベース:2,900mm

日産 新型 フーガのまとめ

2018年以降、フーガがどう進化を遂げるのか

正直、これに関してはまだまだ、未知数な部分が多いですが、日産が誇るフラッグシップとも言える高級サルーンセダンのフルモデルチェンジですから、間違いなく、本気でここに取り組んでくると思います。海外市場での大成功ともいえるインフィニティQ80の日本市場に“最適化”して持ち込むことが予想されますが、やはり筆者としてはフーガの良さは継承して欲しいと思います。

質感、高級感、室内居住空間の広さ、高い走行性能…。

海外市場で成功したクルマの“移植”がトレンドではありますが、やはり、日本市場をきちんと理解把握したユーザーニーズを満たすクルマとしての進化が待たれます

さてどのような進化を見せるか?注目です!

トップへ戻る