シェアする

日産 新型 セレナ NISMOバージョン設定で2017年11月発売予定!フルモデルチェンジによりスペックや燃費は?

シェアする

スポンサーリンク

新型セレナのモデルチェンジ情報は既にこのコラムでもご紹介しましたが、今回のコラムでは、所謂カスタムモデルとして発売となる、セレナNISMOの情報をお届けします。

モデルチェンジ後のセレナにどんな装備が加えられ、どんなカスタマイズがなされたか?

その情報に迫ってみたいと思います。

尚、新型セレナNISMOは2017年10月25日~開催の東京モーターショーで出展の予定とのこと、注目の1台です。

スポンサーリンク

NISMOとは何か?

NISMOとは、所謂、日産におけるモータースポーツブランドシリーズ名で、トヨタでいえばGAZOOレーシングブランドのような立ち位置にある、所謂レース仕様やスポーツ仕様にカスタマイズさせたクルマを開発するチームです。NISMOからは、ノート、マーチ、ジューク、フェアレディZという各車が開発され、販売されており、はじめてミニバンからセレナがラインナップに加わることになります。

実はセレナには、現行車両用に、“MISMOパフォーマンスパッケージforセレナ”というオプション装備品が発売されており、エアロキッド、アルミホイール、スポーツステンレスリアマフラー、スポーツサスペンションなどが、別売りパーツで販売されているのですが、それらの装備を別売りパーツではなく、純正部品として装備したクルマが“セレナNISMO”ということになります

セレナNISMOでカスタマイズされる装備とは?

NISMOでカスタマイズされ、装備が予想されるのは以下の通りです

・迫力の専用エアロパーツ

レーシングテクノロジーを反映させ、空力特性を考慮し、よりスポーティーな走りを実現するための、エアロパーツの装着。標準装備車よりも、より精悍な面持ちへと進化します。

・NISMOブランドの象徴と言えるテーマカラー“レッド”を内装に採用

専用の内装色として黒を基調とした、さまざまな室内装備に、ポイントでテーマカラー赤を取り入れます。

・NISOMOオリジナルチューニングとボディ補強であらゆるロードシーンに対応

スポーツサスペンションや、専用チューニングが施されたエンジン制御モジュール=ECMや専用マフラーを装備し、心地よい走りを実現!というのが、NISMOセレナのカスタム装備となるもようです。

セレナNISMOはオリジナルセレナとどう違うのか?

これらの装備の充実により、一体何がモデルチェンジとなったセレナと違うのでしょうか?

それは正直、乗ってみてその走行性能を実感してみないとわからないところではありますが、筆者なりに予測してみたいと思います。

・よりスポーティーな走りの実現

エアロパーツやオリジナルチューニングの成果として、多少、運転時の静寂性や、運転のしやすさは損なわれるかも知れませんが、高速走行での加速性や、直線走行での安定感が増すことが予測されます。

・様々な道路状況にフレキシブルに対応

またこうした装備の充実により、オフロードや悪路などの道路状況に柔軟に即座に対応できる状況への進化が予想されます。更に、天候状況にも左右されない安定した走りの実現も可能でしょう。

ベースはモデルチェンジ後のセレナ?

ここでおさらいですが、モデルチェンジ後のセレナのスペックは以下の通りです。

ボディサイズ

全長:4,690mm

全幅:1,695~1740mm

全高:1,865mm

ホイールベース:2,860mm

パワートレイン

直4DOHC 2.0Lエンジン

最大出力:150ps/6,000rpm

最大トルク:20.4kgm/4,400rpm

e-Powerハイブリッドには、以下の原動機が搭載予定

型式:EM57

モーター定格出力:70kW

最高出力:80kW (109PS)/3008~10000rpm

最大トルク:254N・m(25.9kgf・m)/0~3008rpm

発表されたNISMOカスタム装備

専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)&ドアトリムクロス

NISMO Sエンブレム(フロント/リヤ)

専用コンビメーター(nismoロゴ入り、260km/hスケール)

専用アルミ製アクセル・ブレーキ・クラッチペダル

専用アルミ製フットレスト(nismoロゴ入り)

専用チューニングコンピューター(ECM)

専用ボディ補強(フロントトンネルステー/リヤトンネルステー/フロントサスペンションメンバーステー/リヤクロスバー/リヤアンダーフロアVバー/リヤサスペンションメンバーステー)

日産 新型 セレナ NISMOのまとめ

オリジナルセレナのモデルチェンジが発表され、遅れること約2か月で発売となる、カスタムモデルのセレナNISMO…。ある一部のユーザーの声としては、「発表、発売のタイミングが遅い!」という不満の声も…。なぜなら、もしこのカスタムモデルが同時発売になっていたら、NISMOカスタムカーと比較して選択することが出来た!ということが理由のようです。

裏事情としてはNISMOチームの開発の遅れと、NISMOブランドからの独立した形での販売戦略の実施が挙げられるようですが、果たしてこれがユーザビリティに叶っているのか

更にNISMOに関するPRが不足しているため、トヨタにおけるGAZOOブランドと比較して、その認知度が低いという印象は否めません。

先日Yahoo!ニュースにこのセレナNISMOの発表が取り上げられ、注目が集まっているようではあるのですが、何かちぐはぐな印象がぬぐえないNISMOカスタムモデルの発売。

ただ、セレナにスポーティーな走りを期待するファンにとっては嬉しいニュースかも…。

果たしてこの販売戦略がどのような成果を齎すのか?注目してゆきたいと思います。

トップへ戻る