シェアする

スバル新型レガシィアウトバックが2017年10月発売!マイナーチェンジで燃費は?その評価は?

シェアする

スポンサーリンク

レガシィ アウトバック(LEGACY OUTBACK )は、SUBARUが製造・販売するレガシィの派生車種です。レガシィツーリングワゴンをベースに最低地上高を200mmにしたステーションワゴンとSUVの中間の自動車(クロスオーバーSUV)なのであり、昨日(2017年9月4日)の発表によると、レガシィ全車種の中でマイナーチェンジが施されるのは、このアウトバックと、セダン型のB4に限定されることとなりました。

そのマイナーチェンジどのように施されるのかについて、編集部が関係先に総力取材

その全貌についてまとめたいと思います

スポンサーリンク

なぜアウトバックとB4のみのマイナーチェンジなの?

背景には、北米マーケットの事情があります。北米ではワゴン人気が低迷し、ツーリングワゴンを発売しても売れる見込みが立たないとされていて、ならばレガシィはB4とアウトバックの2モデルに絞り、ワゴン人気の高い日本用にひとまわり小さいレヴォーグを開発し投入しようというのが戦略だとのこと…。

アウトバックのマイナーチェンジに関する変更点【安全性能】

続いてはアウトバックのマイナーチェンジに関する変更点を紹介していきます。

既搭載の「EyeSight(ver.3)」は新たに後退時自動ブレーキシステムを追加

もはや自動ブレーキは当たり前の存在になりましたが、SUBARUは四半世紀も前に着目。「アイサイト」の開発を1989年にスタートさせ、試行錯誤を繰り返しながら、その技術に磨きをかけてきました。

ドライバーの目となるステレオカメラは、前方のクルマだけではなく、ガードレールや自転車、歩行者なども認識。交通事故が起きそうになると、自動でブレーキをかけて衝突の被害を減らします。

この他、高速道路などを走行中にドライバーの負担を軽減する「全車速追従機能付クルーズコントロール」や、コーナリング時にステアリング操作をアシストして安全運転を支援する「アクティブレーンキープ」など、ステレオカメラを応用した技術も開発。SUBARUは「走る、曲がる、止まる」のすべての領域で、安全な運転支援を実現しています。

全車速追従機能付クルーズコントロール

車速域は0~約120km/hに拡大。これまでは高速巡航時のみ機能していたクルーズコントロールは、街中でも渋滞でも、高速でも対応可能となりました。

フロント&サイドビューモニターとアダプティブドライビングビームで構成された「アイサイトセイフティプラス」を新採用

アウトバックのマイナーチェンジに関する変更点【走行性】

サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良

ブレーキブースターの特性変更

エンジンは部品軽量化・フリクション低減・制御最適化

リニアトロニックはチェーンのショートピッチ化や再キックダウン制御

マニュアルモード時7段変速の採用

これらによって燃費性能を向上し、全車「平成27年度燃費基準+10%」を達成しました。

アウトバックのマイナーチェンジに関する変更点【エクステリア】

外観はLEDハイ&ローランプ・フロントグリル・バンパー(フロント・リアとも)・フロントフォグカバー・18インチアルミホイール(「B4 Limited」のみ)・LEDサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ターンインジケーター付)を新デザインに変更し、フロントフォグランプをLED化。ボディカラーは「ラピスブルー・パール」を廃止し、赤系は「ヴェネチアンレッド・パール」に替わって「クリムゾンレッド・パール(オプションカラー)」を設定し、6色に整理しました!

アウトバックのマイナーチェンジに関する変更点【インテリア】

内装はセンターパネルと本革巻ステアリングホイール(ステアリングヒーター付)を新デザインに変更し、従来はディーラー装着オプションだったオーディオリモートコントロールスイッチを標準装備しました。また、オートドアロック・アンロック機能とUSB電源(リア2)を追加し、各種操作系表示の視認性を向上したといえるのではないでしょうか

関係者によるドライビングインプレッション

以下、実際にハンドルを握った自動車評論家Oさんによるコメントです!

“B4もアウトバックも先代よりさらにボディを大型化し、北米市場重視の姿勢を強めてきた。B4の場合、全長は50㎜長く、全幅は60㎜も拡がった。興味深いのは、サイズ拡大をデザインへと優先的に配分している点だ。
グッと張り出したフェンダーや立体感を強めたボディサイドのプレスラインは新型レガシィにいきいきとした躍動感と上質感を与えた。レヴォーグやWRXと 比べると間違いなく1クラス上のクルマに見えるし、室内、とくに肘や肩周りの余裕も大きい。その一方で、狭い道でのすれ違いで効いてくるミラーtoミラーは18㎜しか増えていないから、狭い道での取り回しは意外に悪くない。走りはとてもスバルらしい。3.6リッター水平対向6気筒がカタログから落ちた(日本ではほとんど売れな かったという)のは残念だが、パーツの約80%を新設計した2.5リッター水平対向4気筒がなかなかいい味を出している。
最高出力はレヴォーグの1.6リッターターボとほぼ同じだが、静かだし、下から上まで素直なトルク特性をもっているため、リラックスした気分で運転していられる。足回りもレヴォーグやWRXよりソフトな味付けだが、だからといって決して頼りない印象はない。スバルらしい安心感を上質感とともに味わえるモデルとして要注目だ。“

専門家推奨のモデルチェンジ後の注目点

スバル伝統の水平対向4 気筒エンジンを搭載。ブラック塗装+切削光輝加工を施した18インチホイールや、メーター周りのLEDリング照明、ステアリングホイールやシフトノブに高触感の本革巻を採用するなど、差別化を図ることでスポーティーかつラグジュアリー感を演出したLimited モデルも用意されている点など…。

野性的なイメージにエレガントでホスピタリティも意識したアウトバックの進化が愉しめます

モデルチェンジ後の主要諸元【燃費・価格】

車両本体価格:¥3,132,000(消費税込)

全長 x 全幅 x 全高(mm):4,815 x 1,840 x 1,605

車両重量:1,570kg

定員:5人

エンジン:水平対向4気筒2.5リッターDOHC16バルブ AVCS

総排気量:2,498cc

最高出力:129kW(175ps)5,800rpm

最大トルク:235Nm(24.0kgm)/4,000rpm

JC08 モード燃費:14.6㎞/L

駆動方式:AWD

スバル新型レガシィアウトバックのまとめ

B4そしてアウトバックに集約されたモデルチェンジはスバルの力を分散させず、今後期待が高まる北米市場での更なる躍進への願いが込められた、集中のマイナーチェンジと言えるのではないでしょうか?

スバルの自負する走行性を更に高め、ドライブのファンを更に高めたことに、関係者も自信をのぞかせています。

当然、国内のスバルファンの期待を裏切ることもなく、無事、マイナーチェンジに漕ぎつけた関係者の尽力はきっと実ることと編集部も期待一杯です。

トップへ戻る