シェアする

スバル新型BRZが「STI Sport」追加で2017年9月公開?マイナーチェンジで価格は?【画像あり】

シェアする

スポンサーリンク

スバルBRZとは?

スバルとトヨタが共同開発した、最強の呼び声の高い国内スポーツカーの最高峰

以下、スバル広報部からの公式コメントです

FAR AHEAD OF THEREをコンセプトに

遠ざかる街の風景を背に、ワインディングをひた走る。

アクセルを踏む。ステアリングを切る。クルマを操るたびに、心が昂っていく。

そこにあるのは、水平対向エンジン[BOXER]ならではの優れた回転フィーリングと圧倒的な低重心を研ぎ澄ました新次元の走りの愉しさ

この道の先へ、SUBARU BRZと駆けていく。

最初のコーナーを抜けた瞬間から、ときめきが、止まらない。

現行モデルは既に生産販売中止となっておりますが、このBRZに、新たなにSTI Sportが加わりマイナーチェンジの上、発売されるのでは?との情報を得ました。その情報に関して関係先取材を通じて、その動向についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

STIスポーツグレード主な装備予想

STIスポーツグレードに関しては、以下の装備が予定されているとの情報を入手しました。

エクステリアについて

・専用フロントグリルチェリーレッドモール

・STI製フロントアンダースポイラー

・LEDデイライナー

・STI製LEDデイライナーカバーエクステンション

・専用STIオーナメント(フロント)

・STI製フロントフェンダーガーニッシュ(ブラック、STIロゴ入り)

・ブラック電動格納式リモコンドアミラー(ヒーテッド機能付)

・ブラックルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)

・専用リヤバンパーチェリーレッドピンストライプ

・専用STIオーナメント(リヤ)

インテリアについて

・RECARO製バケットタイプフロントシート

・カーボン調インパネパネル

・ダークキャストメタリック加飾[ステアリングホイールスポーク、インパネセンターサイド、シフトパネル、ドアグリップ]

・サイドベンチレーショングリル

・ニーパッド(運転席・助手席)

・ドアトリム[アームレスト:アルカンターラ(ブラック)、レッドステッチ+レッドアクセント/ショルダー

・パッド:ブラックステッチ]

・専用サイドシルプレート

・専用インシュレーター

新型STI 足回りのメカニズムについて

・STI製ビルシュタインフロントストラット&コイルスプリング

・STI製ビルシュタインリヤダンパー&コイルスプリング

・STI製18インチ×7 1/2Jアルミホイール

・225/40ZR18(92Y)タイヤ(ミシュラン パイロットスーパースポーツ)

・STI製フレキシブルVバー

・STI製フレキシブルドロースティフナーフロント

・STI製ピロボールブッシュ・リヤサスリンク

・STI製brembo 17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスク、STIロゴ入り)

・STI製brembo 17インチ対向2ポットリヤベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスク、STIロゴ入り)

・STI製大径ドライブシャフト

・専用VDC [ビークルダイナミクスコントロール]

・サウンドクリエータ用専用フィルター

パワートレインについて

EJ20 水平対向 2.0L エンジン

最大出力:205HP/7,000rpm

最大トルク:156lb.-ft./6,400-6,800rpm

トランスミッション:6MT

JC08モード燃費9.4km/L前後

新型 BRZ tSの予想スペック

全長:4,260mm

全幅:1,775mm

全高:1,320mm

ホイールベース:2,570mm

エンジン:2.0L DOHC 水平対向エンジン

最高出力:205HP/7,000rpm

最大トルク:156lb.-ft./6,400-6,800rpm

トランスミッション:強化6速MT

駆動方式:AWD

JC08モード燃費:9.4km/L

スバル新型BRZ STIスポーツ予想価格

推定価格:¥450万円前後

スバル新型BRZ STIスポーツ発売時期

2018年4月~6月 米国での販売を予定 限定500台

日本での販売は未定

スバル新型BRZのまとめ

今回取材に際し、STIの開発担当の方から、ライターである筆者の見解や主観は排除し、データだけを公表して欲しいというオーダーがなされました

というのも、ライターの主観に惑わされることなく、クルマの本質を読者の皆さんご自身が、ご自身の感性で受け止めていただき、判断していただきたいというのが開発担当者の願いということです…。あえて、筆者が感想を述べるとするならば、圧巻のパフォーマンスカーがいよいよ来年、アメリカ市場に投入されるのだなぁという驚愕。

更に果たしてこのクルマのパフォーマンスを発揮するに際し、日本の公道で本当にいいのだろうか?という危惧です。

スバルとトヨタの技術の結集が、スポーツカー史上最高峰に値するような、超弩級のクルマを生み出したわけですが、乗りこなす側にも、相応の運転技術が必要とされると予測されます。

“走りを愛し、走りを極める!”そんな人のためのクルマでありたいと、担当者は筆者に語ります。それを受け止めることが出来るドライバーの更なる洗練と進化が必要だなと、筆者は強く感じました。日本の公道は実に走りやすく創られていますが、海外には道であろうはずがない道に溢れ、ドライブはまさにサーバイブ。生き抜くためのクルマの最高のパフォーマンスを引き出せたとするならば、ドライバーは新たな運転に対する恍惚を体験ことが可能になるでしょう。

そしてそれを与えてくれるのが、スバル新型BRZが「STI Sport」ではないか?と筆者はそう思うのです。

トップへ戻る